中級者以上向け!オンラインカジノでテクニックで勝つ方法

中級者以上向け!オンラインカジノでテクニックで勝つ方法

オンラインカジノで稼ぐ!スロットマシンで一攫千金!TOP > 戦略とテクニックで稼ぐカジノゲーム特集 > ブラックジャックは頭を使う知能ゲーム

ブラックジャックは、頭を使って勝つカジノゲーム

ブラックジャックといえば、ラスベガスなどのランドカジノでも有名です。
下の画像は、ワイルドジャングルカジノのブラックジャックです。

ワイルドジャングルカジノのブラックジャック
「ラスベガスをぶっつぶせ」という映画がありましたね。
学生たちがカウンティングという手法を駆使することによって、カジノに大勝ちするという痛快なストーリーです。

この事実からもわかるように、ブラックジャックは戦略しだいで、大金を稼ぐことができるカジノゲームといえます。オンラインカジノではカウンティングは使えませんが、そのかわり「ベーシックストラテジー」という戦略・テクニックを駆使することによって、勝率を大幅に上げることができます。

オンラインカジノのペイアウト率は、97%前後だといわれていますが、ブラックジャックにかぎっては101%を超えることがあります。それだけプレイヤーが勝ちやすいカジノゲームといえるのです。


ブラックジャックは21に近いほうが勝ち


ブラックジャックのルールはかんたんで、プレイヤーとディーラーのどちらが21に近いかを競います。たとえば17と20では、20の勝利となります。

ただし21を超えてしまうと、「バースト」となり、その時点で負けとなってしまいます。21では勝ちですが、22では負けになるわけですね。

ですからブラックジャックにおいては、自分がいかに21に近づくかを考えると同時に、相手をいかにバーストさせる(22以上にさせる)かを狙っていくことがポイントになります。ベーシックストラテジーも、その2つを実現するための戦略となっています。

ブラックジャックにおいては、カードの数えかたが変わっています。
絵札はすべて「10」と数えるのです。またAに関しては、「1」とも「11」とも数えることができます。カードの合計が21を超えなければ、「1」と「11」の両方の数えかたができます。もし21を超えるようなら、「1」と数えます。

ブラックジャックでは、最初に配られる2枚の段階で、「A」と「10か絵札」の組み合わせで21をつくることを、「ブラックジャック」(正式にはナチュラルブラックジャック)といいます。通常の勝ちはベット額と同額ですが、ブラックジャックで勝つと1.5倍の配当が得られます。(1ドルをベットすると、2.5ドル返ってくるということです)


ブラックジャックゲームの進行


ブラックジャックのカジノゲームにおいては、まずプレイヤーがベットをおきます。その後、プレイヤーとディーラーの双方に、カードが2枚ずつ配られます。

このときプレイヤーの2枚はオープンですが、ディーラーの1枚は伏せられています。ちょうど、このページの一番上にある画像のような感じですね。ここがスターティングポジションです。

プレイヤーは自分の2枚のアップカードと、ディーラーの1枚のアップカードから、次の手を考えます。このとき「ベーシックストラテジー」という戦略を知っていると勝率を大きく上げることができ、オンラインカジノで稼ぐことが可能となります。

あとは、前述したようにプレイヤーのほうが、21により近くなるか、ディーラーがバーストすれば勝ちになります。このようなオーソドックスなブラックジャックは初心者向きで、別名を「アトランティックシティ・ブラックジャック」といいます。このルールでは、ディーラーは、カードの合計が17以上になるまで、かならずカードを引く(ヒットする)ことになっています。

>> ブラックジャックの実際のゲームのようすを観てみる

ブラックジャックには、基本ルールを派生させた、さまざまなアレンジゲームがあります。ボーナスがついていたり、呼び名が違っていたり、ディーラーのカードが最初から2枚ともオープンだったりと、さまざまです。上記の動画でも、かんたんに触れています。

でも上記動画では、そのほかのアレンジゲームを理解することはむずかしいでしょう。もしアレンジゲームをもっと深く知りたいというかたは、以下のページに掲載されている各動画を参照してください。

>> ブラックジャックのアレンジゲームの動画解説を観てみる


ブラックジャックの基本用語


なお知っておくべき用語として、以下のものがあります。

◆プッシュ: 引き分けのこと。
◆ヒット: もう1枚カードを引くこと。
◆スタンド: もうこれ以上、カードを引かないこと。
◆ダブル(=ダブルダウン): もうヒットしないことを条件に、ベット額と同額をさらに賭けること。
◆スプリット: 2枚が同じ数字の場合、さらにベットを追加して、2つのゲームとして賭けを行う選択肢。
◆インシュランス: 保険という意味で、ディーラーのアップカードがAのときのみ選択できる。保険をかけておくと、ディーラーがブラックジャックだった場合、本戦で負けたとしても、インシュランスのベット額の2倍を獲得できる。本気で勝負する場合は、インシュランスは使わないほうがよい、といわれている。


これだけ聞いただけでは、ブラックジャック初心者のかたは、何のことかさっぱりだと思います。私も最初はそうでした。でも、実際にプレイしていくうちに、インシュランスとかダブル、スプリットの意味がわかってくるものです。


32レッドカジノのブラックジャックもオススメ


スピード感あふれるブラックジャックを楽しみたいかたは、ワイルドジャングルカジノがオススメです。いっぽう、多少テンポがおそくてもいいというかたには、
ぜひ32REDカジノをオススメします。なぜテンポが遅いかというと、ナレーターが数字をひとつひとつ読み上げるからです。

32レッドカジノでは、英国人女優兼モデルのパッツィ・ケンジットがナレーションをつとめています。その声に癒されるという人も多いと思います。本来ならインシュランスはタブーとされていますが、パッツィ・ケンジットの声を聞きたいがために、インシュランスにかけたくなるほど。

ワイルドジャングルカジノのブラックジャック一覧 32REDカジノのブラックジャック一覧
*上のそれぞれの画像をクリックすると、大きな画面で見れます。

上の画像はワイルドジャングルカジノと32REDカジノの、それぞれのブラックジャックゲーム一覧画面です。左側のワイルドジャングルカジノが10種類にも満たないのにたいして、右側の32レッドカジノでは、1画面に収まりきれないほどのゲーム数となっています。

32レッドカジノはマイクロゲーミング社のソフトウェアを使用しているため、いろいろなブラックジャックのアレンジゲームを楽しめます。

32レッドカジノは、ブラックジャック以外でもゲーム数が豊富なので、飽きることがないですよ。日本語化への対応の遅れさえ気にならなければ、32レッドカジノは最高のオンラインカジノといえるでしょう。

>> ブラックジャックでディーラーを手玉に取る絶対的戦略

【参考となるサイト】
ブラックジャックゲーム(BJの基本、用語、ベーシックストラテジーなどを解説)


オンラインカジノで稼ぐ!スロットマシンで一攫千金!TOP > 戦略とテクニックで稼ぐカジノゲーム特集 > ベーシックストラテジーで効率よく勝つ方法とは?

ベーシックストラテジーで勝率アップ!

ベーシックストラテジーとは、ブラックジャックにおいて、ディーラーに勝つための戦略です。これは早見表としてまとめられています。
(下の画像をクリックすると、より見やすい、大きな画像が別ウィンドウで表示されます)

ブラックジャックのベーシックストラテジー表
実際のカジノでは、ベーシックストラテジー表を持ち込んでプレイすることは禁じられています。それほどの威力をもっているわけです。カジノ側が嫌がるほどですから、これを利用することで、どれだけブラックジャックで勝ちやすくなるかが分かると思います。

ラスベガスなどのランドカジノでは、ベーシックストラテジーを見ながらのプレイは禁止されていますが、オンラインカジノではまったく問題ないので、安心してください。(そもそもパソコンでプレイしますから、規制のしようがありません)


ベーシックストラテジー表の見方


ベーシックストラテジーは、大きく三つの表として分類されています。
一番左にある表は、プレイヤーに配られる最初の2枚のカードのなかにA(エース)がなく、かつ2枚の数字が異なっている場合です。このとき、プレイヤーに配られた2枚のアップカードの合計数と、ディーラーのアップカードの数字(1枚)によって、こちらが取るアクションが違ってきます。

プレイヤー側の基本ルールとしては、かならず17以上になったらスタンド(それ以上カードを引かないこと)するということです。なぜかというと、ディーラーも17以上にかならずスタンドするというルールがありますし、プレイヤーが17でさらにカードを引くと、バーストしてしまう危険が高いからです。

ただしプレイヤーが12から16の場合は、ディーラーの数字によって、スタンドするかヒットするかが変わってきます。ディーラーの数字が6以下ならスタンド、
それ以上ならヒットして勝負に出ると、ブラックジャックの勝率は上がります。

プレイヤー側の数字が9、10、11の場合は、ダブルダウンをする場面が多くなります。これは、次にどの数字が来ても、22を超える(バーストする)危険が皆無なため、強気で勝負するのです。ダブルダウンは、さらにチップを倍賭けして、より多くの賞金獲得をねらうオプションです。

プレイヤーのカードの合計が8以下の場合、ベーシックストラテジーでは、かならずヒットするようになっています。ここでダブルダウンをしてしまうと、たとえば8の次に5がくると、13ということになります。ダブルダウンでは、1回しかヒットできないので、13でディーラーと勝負することになってしまいます。

それでは、ほぼ確実にディーラーに負けてしまうので、8以下では決してダブルダウンをせずに、ヒットして積み上げていくイメージになります。ダブルダウンは、あくまで9から11のあいだで行うと覚えておくとよいでしょう。

ブラックジャック初心者のかたは、はじめはベーシックストラテジー表を見ながら、忠実にプレイするとよいと思います。上の画像をクリックすると、より見やすく大きな画像が出てくるので、それを印刷して手元に置きながらプレイするとよいでしょう。


■より詳しいベーシックストラテジーの読みかたや、ブラックジャックで勝つための戦略・戦術を知りたい方には、無料レポートを差し上げています。以下のページからメールアドレスを入力して、申請してくださいね。

>> ブラックジャックでディーラーを手玉に取る絶対的戦略

【参考サイト】
姉妹サイトでも解説しているので、よければごらんくださいね。
ベーシックストラテジーでブラックジャックに勝利!


オンラインカジノで稼ぐ!スロットマシンで一攫千金!TOP > 戦略とテクニックで稼ぐカジノゲーム特集 > 3カードポーカーでディーラーと勝負!

3カードポーカーは、ディーラーとの対戦ゲーム

3カードポーカーは、3枚で勝負するシンプルなポーカーゲームです。下の画像は、32レッドカジノの3カードポーカー画面です。(オンラインカジノによって呼び名が異なり、ワイルドジャングルカジノでは「ポーカースリー」といいます。)

32REDカジノの3カードポーカー
ふつうポーカーというと、複数の人たちと対戦するライブポーカーであったり、コンピューターと戦うビデオポーカーであることが多いと思います。
(ライブポーカーとは、こんな感じです→エベレストポーカーJBETポーカー

それにたいして「3カードポーカー」は、ディーラーとの対戦ゲームになります。とはいってもオンラインカジノにおいては、見た目はディーラーとの勝負ですが、実際にはコンピューターソフトとの対戦になります。

>> 3カードポーカーを実際にプレイしている動画を観る


3カードポーカーのルール


3カードポーカーは3枚で勝負するので、5枚が必要なフルハウスや2ペアといった役はありません。

また気をつけるべき点は、一般的な5カードドローポーカーやテキサスホールデムとは異なり、役の強さが逆転しているケースがあるということです。たとえば、3カードポーカーではストレートとフラッシュの強さが入れ替わり、ストレートのほうがフラッシュよりも強くなっています。

強い順にならべると、ストレートフラッシュ、スリーカード(スリーオブ・ア・カインド)、ストレート、フラッシュ、ワンペア、ハイカードとなっています。ハイカードは、役がないときに、一番大きな数字で勝負するものです。

3カードポーカー(あるいはポーカースリー)では、ディーラーとの勝負以外に、完成手役にたいするボーナスゲームも楽しめます。これを「ペアプラス(PAIR PLUS)」といいます。このボーナスベットの場合は、10のワンペア以上でないと、配当は得られません。つまり5のワンペアをつくっても、チップを持っていかれるわけですね。

ペアープラスとアンティボーナスの配当表は以下のとおりです。


ペアプラスに1ドルをベットして、ボーナスゲームに参加したときを見てみましょう。このときストレートフラッシュを決めれば、40倍の配当が得られるので、41ドル返ってきます。3カードだと30倍です。


3カードポーカーの流れ


3カードポーカーでは、まずプレイヤーが、「アンティ」に参加ベットを置きます。通常のポーカーの参加料と同じ考えですね。

つぎにプレイヤーとディーラーの双方に、カードが3枚ずつ配られます。
このときプレイヤーの3枚のカードは表(アップカード)に、ディーラーの3枚のカードは裏(ホールカード)になっています。

この状態であなたは、手持ちの3枚のカードが強いと判断すれば、さらに「プレイ(PLAY)」にベットを追加します。これは通常のポーカーのレイズやコールに当たります。もしも勝てそうにないと判断すれば、「ホールド(HOLD)」をクリックして勝負を降ります。手持ちカードが、たとえば、「2、5、7」というように、ハイカードでも勝ち目がない場合は、ホールドしたほうがいいかもしれませんね。

ただしディーラーがノットクオリファイとなれば、こちらがどれだけ弱い手でも、自動的にプレイヤーの勝ちになります。(ノットクオリファイにかんしては、事項を参照)

勝負を降りると、アンティへのベットは没収され、次のゲームに移ります。
FXなどの投資における「損切り」みたいなものですね。損失を最小限にとどめるわけです。

もしゲームに参加した場合は、伏せられていたディーラーの3枚のカードが表向きにされます。このとき、ディーラーとプレイヤーの、それぞれのカードを比べて勝敗を決するわけです。


ノットクオリファイかどうかが勝負の分かれ目


3カードポーカーでは、ディーラーのカードに「A、K、Q」のいずれかが含まれているかどうか?がポイントになります。この3つのどれも含まない状態で、しかもワンペア以上の役がない場合、「ノットクオリファイ」となって、無効ゲームになります。

一番上の画像のなかで、「ディーラーの手札揃わず」と表示されているのは、「A、K、Q」のいずれも含まれていないからです。またワンペアもつくれていないからですね。

ディーラーがこのような「ノットクオリファイ」となった場合は、たとえプレイヤーがストレートフラッシュという最高の手役をつくったとしても、配当オッズにあるような40倍の配当は得られなくなります。ここは要注意です。

配当表の賞金を得られるのは、ディーラーの3枚のカードのうちに、最低でもA、K、Qのうち、どれか1枚でも含まれている場合に限られるわけですね。無効ゲームの場合は、プレイヤーがどんなに強い手役をつくっても、「アンティベットと同額の配当」しか得られません。つまり無効ゲームでは、ストレートフラッシュもAのハイカードも、同じ配当になるわけです。(2ドルをアンティにベットしたとすると、無効ゲームでは6ドルがかえってきます)

配当表のアンティボーナスでは、フラッシュとペアー(ワンペア)は「なし」となっています。この場合は、「アンティとプレイの合計」と同額が賞金となります。もし「アンティ」に2ドルをかけて、そのあとゲームに参加すると、「プレイ」にも2ドルが置かれます。この状態でワンペアかフラッシュになると、8ドルが賞金となるわけです。(ただし前述したように、ディーラーがノットクオリファイになると、アンティと同額の配当しか得られないので、6ドルが返ってくることに)

3カードポーカーで遊ぶときは、つねに念頭に「A、K、Q」を置きながらプレイしましょう。このいずれかの数字がディーラーにない場合は、無効ゲームになり、配当がまったく違ってくるからです。

オンラインカジノには3カードポーカー以外にも、バイガオポーカーやカリビアン・スタッドポーカーなど、いろいろな種類があります。そのほかビデオポーカーもありますし、飽きることはありません。あなたの判断で勝敗が決まるカジノゲームを、とことん味わってくださいね。

【関連記事】
ブラックジャックもスキルを要するカジノゲームです。
ブラックジャックゲーム

【世界中のプレイヤーと対戦できるポーカー】
エベレストポーカー(日本語完全対応のサイト)
JBETポーカー(稼いだお金をスロットに投入し、ジャックポットも狙える!)


オンラインカジノで稼ぐ!スロットマシンで一攫千金!TOP > 戦略とテクニックで稼ぐカジノゲーム特集 > ビデオポーカーで最高の役をつくろう!

ビデオポーカーは、役づくりのゲーム

ビデオポーカーはひとり黙々と、最高のハンド(役)を作るだけの簡単ゲーム。下の画像は、32REDカジノのビデオポーカーです。

32REDカジノのビデオポーカー
テキサスホールデムやオマハといった、世界で流行しているポーカー、あるいは当サイトでご紹介している3カードポーカーなどでは、かならず戦う相手がいます。前者は、世界中のいろいろなプレイヤーとの対戦形式ですし、後者はコンピューターのディーラーと、役の強さを競い合います。

(*プレイヤーとの対戦型ポーカーとは?→エベレストポーカーJBETポーカー

それにたいしてビデオポーカーは、対戦相手がいません。
最初に出てきた5枚のカードのうち、どれを残す(ホールドする)かを選択して、次に出てきたカードで最終手が決まります。

いままでポーカーをしたことがあるかたなら、すぐにでも楽しめるカジノゲームです。役も、日本で遊ばれているものと同じです。

上の画像では、「7、7、J、J、J」と見事に、きれいに「フルハウス」を決めていますね!上の配当表をみるとフルハウスは、コインの1枚賭けの場合、8倍の賞金になっています。1ドルを賭けていたら、9ドルが返ってくるわけですね。

このように1人で遊べるビデオポーカーは、3カードポーカーにおける「ペアプラス(PAIR PLUS)だけを取り出したような、”ボーナスゲーム”的な遊びになっているのです。


ビデオポーカーの遊び方


ビデオポーカーのプレイ方法は、かんたんです。
ポーカーの役を知っているかたなら、すぐに遊べますよ。いらない手だけを選んで捨てて(ドロー)、新しいカードに交換したうえで最終的に役をつくるので、
5カード・ドローポーカー」といいます。

ビデオポーカーの役は、一般的な5カードポーカーの役といっしょです。
強い順にならべると・・・

・ロイヤルフラッシュ(ロイヤルストレートフラッシュ)
・ストレートフラッシュ
・4カード
・フルハウス
・フラッシュ
・ストレート
・スリーカード
・ツーペア
・ワンペア
ただし上の画像をみると、4カードにアレンジがされていることが分かります。


ビデオポーカーの実際の流れ


さてビデオポーカーでは、まず、賭けるコインサイズと枚数を決定します。
上の画像で、一番下にある丸い数字の下に「プラス・マイナスを調整するボタン」があるので、ここでコインサイズを決めます。これが大元のベット額となります。

つぎに「ベット」という欄の下にある「1枚ベット」を押して、コインの枚数を調整します。「最大賭け」をクリックすると、最大の5枚賭けとなります。(今はゲーム中なので、色が見づらくなり、クリックもできない状態になっています)

このへんのベットの仕方は、ビデオスロットと非常によく似ていますね。やはり、「ビデオ」つながりといったところでしょうか。


◆コインの掛け金が決まったら、さっそくゲーム開始です。
ディール」をクリックすると、新しい5枚のカードが配られます。そのなかで残したいカードがあれば、そのカードの上を直接クリックします。すると、そのカードが「ホールド(固定)」されます。

「ホールド」ボタンが「引く」ボタンに変わるので、つぎに「引く(ドロー)」をクリックすると、ホールドされていないカードだけが、新しいものと入れ替わります。ここで最終手が決定し、役ができていれば、その役の強さに応じた配当が得られます。

注意点としては、ワンペアはJ(ジャック)以上となっていることです。
つまり10のワンペアでは、役をつくったことにはならず、負けになるということですね。

ビデオポーカーには、以下の動画で紹介しているように、じつにさまざまなアレンジゲームがあります。3カード以上でないと役にならなかったり、ワイルドカードがあったりと、種類が豊富なので飽きることなく楽しめますね。

>> ビデオポーカーのいろいろなアレンジゲーム

ビデオポーカーは、さくさくとゲームが進行していきます。
楽しみながら、また頭をつかいながら、スピーディーに稼いでいきたいかたは、
ビデオポーカーをプレイしてみましょう。

【関連記事】
ビデオポーカーと共通している、戦略で勝つゲームとは?
ブラックジャックは知能ゲーム

【世界中のプレイヤーと対戦できるポーカー】
エベレストポーカー(日本人になじみやすい)
JBETポーカー(カジノでも遊べる)


【2020年9月版】オンラインカジノ中級者以上の方はこちらもチェック!

オンラインカジノは2009年から運営が始まり、すでに10年以上の業界実績があるオンラインカジノ。
特にヨーロッパ、東南アジアで知名度が高く口座総開設数は150万口座以上。
新規口座ボーナスは無いが優れた入金ボーナス、キャッシュバックプログラムが他の業者と比較してダントツ。
今後オンラインカジノを超える可能性大!無料でできるのに賞金がでるデモトレード大会も開催中なので要チェック!

\100%入金ボーナス実施中/

オンラインカジノで2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興オンラインカジノ業者!
口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
これから話題になること間違いなし!

\新規口座開設で5000円ボーナスがもらえる/