マレーシア旅行のベストシーズン

マレーシア旅行のベストシーズン

ポイント

マレーシア旅行するならベストシーズンはいつなのか?

結論からいうとマレーシア旅行はいつでもベストシーズンです。

一年中いつでも楽しめちゃうのがマレーシアという国。

マレーシアは熱帯雨林気候に属する赤道にほど近い南国だからです。

一般に、11月から2月頃までが雨期のシーズンに入ります。

といっても、日本の梅雨のイメージとはまったく異なり、

一日中雨が降り続けるなんてことはありません。

3月から7月頃は気温が上昇する乾期のシーズンに入ります。


昼と夜の時間差はほとんどなくて年間を通じても20分ほどしか変化がありません。

日中の最高気温は36℃前後にもなりますが、

朝晩は意外にも!?涼しく日本の夏のようにジメジメした感じではなく、

マレーシアはとても過ごしやすいと感じるはずです。


雨期のシーズンは避けたほうがいいの?


一般的には「雨期のシーズンは避けたほうがいい」なんて

ガイドブックに書いてあるのを見かけます。

雨期というと一日中雨が降るようなことを想像してしまいますよね。


でもマレーシアの雨期は「シャワー」と呼ばれている通り、

20~30分程度ザァーと雨が降れば、


その後は涼しい風が吹いてきて、とても過ごしやすい!!


けっこうオススメです。












マレーシアという国を知ろう【治安編】

ポイント

マレーシアといえば日本のシニア層がリタイア後にロングステイしたい国で、

人気ナンバーワンといわれています。

こういった日本からの移住者が多い国なので

極端に治安が悪いということはありません。


現地の治安は良く、街を歩いているときに身の危険を感じることもほとんどないでしょう。

ただ、軽犯罪は結構多いようです。

軽犯罪といえばスリや置き引き、詐欺などですね。

こういった軽犯罪の被害にあう旅行者は少なくはないようです。

しかしこういった治安に対しての価値観って

結局は本人がどう感じるかですので、

一概に判断はしづらいというのが本音です。

軽犯罪が多発しているからとっても治安の悪い国かといえば

そうとも言えません。

日本でも軽犯罪は起こっていますからね。


身の危険が常に付きまとうようなことは

マレーシアにおいてはほとんどないと言えるでしょう。

とりわけ東南アジア諸国では断然治安の良い国といっていいです。


では軽犯罪などマレーシアで注意しなくてはいけないことは!?



1.タクシーの乗車時


タクシーは、必ずと言っていいほど料金を高めに吹っかけてきます。

乗り込んで走り出す前に、まずはメーターを倒すよう求めてください。

倒してくれないようなら、その場でちゃんと料金の交渉をしたほうがいいです。

行き先まで料金の相場が分からない場合は、まず一台目を捕まえて、

いくらか値段を聞くだけ聞いて断ります。

それで二台目を捕まえて、一台目の値段を目安に交渉すれば、

ヒドくぼったくられることはないでしょう。


2.クレジットカードのスキミング


クレジットカードの暗証番号を盗み取られる被害も結構あるようです。

俗にいうスキミングというものです。

ATMでは、後に誰も並んでなくても、

画面操作を撮るためのカメラが仕掛けられてることがあるので、

手で隠して暗証番号を押すようにしましょう。


レストランやショップなど、

支払時にクレジットカードを店員に渡すときは、

裏でクレジットカードの暗証番号を盗まれないように

注意して見ていましょう。


3.いかさまカード賭博


見たことはないのですが噂では、

「いかさまカード賭博」というのが存在しているようです。

日本語がペラペラなマレーシア人が

「今度、私の妹が日本に行くのだけど、日本のこといろいろ教えてほしい」と

近づいてきてはこちらの気を引き、

気を許してしまうと自宅と称するアジトへ連れて行かれ、

なぜかトランプをはじめる。

いかさま賭博の常とう手段としてよく使われる作戦で、

最初勝たせておいて、そのうちレートが跳ね上がり最後は必ず負けてしまう・・・。

現金が少なければクレジットカードで支払いをさせられるようです。

優しそうな日本語ペラペラなマレーシア人は要注意です。



常日頃から防犯意識を高め、簡単に相手を信用しないこと!!

こういったことを心がけていれば犯罪にあうことはほとんどないと思います。

マレーシアという国を知ろう【気候編】

ポイント

マレーシアは国土全体が赤道付近に位置し、

熱帯雨林気候に属しており、一年を通じて常夏の気候です。

年間の日中平均気温は27~33℃で年較差は1~2℃。

降水量は年間降雨量2500mm前後、月平均でも200mmと多いのが特徴です。

季節は雨季と乾季に分かれますが、

どちらの季節でもスコールと呼ばれるにわか雨が降ります。

雨季でも一日中雨が降り続くことはありません。


雨の後は気温が下がり、むしろ過ごしやすくなります。

気候はマレー半島西海岸/東海岸で異なり、また半島/ボルネオ島でも異なります。


クアラルンプールの年間平均気温と降水量

マレーシア気候

服装


マレーシアはイスラム教の国ですが、旅行者に対しては服装の制限などはありません。

ですが、露出を嫌うイスラム教ですので、

宗教色の強い場所を訪れる際には極端に露出した服装は避けたほうがよいでしょう。


☆通気性の良い服装


マレーシアは気温と湿度が高い為、通気性の良い服装がオススメです。


☆冷房対策


ホテルや施設内ではかなり冷房が効いている為、

上着を持参されたほうがいいでしょう。


☆帽子やサングラス、日焼け止め


マレーシアは赤道付近に位置していますので、

日中の日差しはかなり強くなります。

街歩きの際には帽子やサングラス、肌の弱い方には日焼け止めをオススメします。


☆高原は気温が低め


ゲンティンハイランドなどの高原では、

日中でもクアラルンプールなどの都市部と比較すると

気温が低くなります。

朝夕は更に冷え込みが予想されますので、

長袖の上着を用意しておいたほうがいいでしょう。

マレーシアという国を知ろう【経済編】

ポイント

IMFによると、マレーシアの2011年のGDPは2786億ドルであり、

神奈川県よりやや小さい経済規模にあります。

一人当たりのGDPは9,699ドルであり、

シンガポールと比較すると遠く及びませんが、

タイの2倍近くの水準にあります。

イギリスの植民地時代からのゴムのプランテーションや錫の採掘、

天然ガスの掘削など、特定の農作物や鉱物の生産が盛んではありますが、

マハティール・ビン・モハマド首相の指導の下、

従来の農作物や鉱産物の輸出、観光業に依存した体質からの脱却を果たし、

2020年に先進国入りするといわれています。

多くの東南アジア諸国が欧米列強の植民地支配の影響のため発展が遅れ、

社会主義での失敗や工業化が進まない中で、

マレーシアは約170年間植民地支配されていたにも関わらず、

日本を手本にしたことで工業化と経済成長を成し遂げ、

シンガポールと共に『東南アジアの優等生』と呼ばれています。


しかし良い面ばかりではありません。

民族間での貧富の格差が大きいなど課題もあります。

マレーシアの人件費は中国やタイと比べると高く、

日本企業が進出するにはネックになっていましたが、

領土問題で対立する中国や洪水や政情不安を抱えるタイを考えると、

近年マレーシアに注目が集まっています。


(Wikipediaより引用)

マレーシアという国を知ろう【地理編】

ポイント

マレーシアという国は

マレー半島南部(国土の4割)とボルネオ島北部(国土の6割)を領土としています。

マレー半島ではタイと接しており、

ボルネオ島ではインドネシア、ブルネイと接している。

領海においてはシンガポール、フィリピン、ベトナムと接している。


マレーシア地図


■首都 クアラルンプールで東南アジア有数の世界都市である。

■公用語 マレーシア語

■面積 329,847km2(66位)

■人口 27,468,000人(43位)

■人口密度 84人/km2

■通貨 RM(リンギット)

■国旗

マレーシア国旗



マレーシアの政府公認カジノがあるゲンティンハイランドは

首都のクアラルンプールから1時間ほどの距離にある高原です。


地図3

地図2

ゲンティンカジノについての詳細はこちらをご覧ください

>>マレーシアのカジノ【唯一の政府公認ゲンティンカジノ】

>>マレーシアのカジノでの服装【ドレスコード】

>>マレーシアのカジノの年齢制限

>>マレーシアの通貨・両替

マレーシアの通貨・両替について知っておこう!

ポイント

マレーシアで使用されている通貨単位はRM(リンギッド)と、¢(セン)になります。

紙幣にあたるのがリンギットで硬貨にあたるのがセンになります。

1 RM(リンギット) = 100 ¢(セン)


紙幣が6種類と硬貨が6種類あります。

マレーシア 通貨

紙幣は100、50、10、5、1 RM

硬貨は50、20、10、5、1 ¢


ちなみにマレーシア国内では日本円はもとよりUSドル、

シンガポールドル等も使用できません!

1.両替


日本国内の銀行ではマレーシアリンギットを取り扱っている所がありません。

ですのでマレーシアリンギットに両替するには

マレーシア国内に入ってから行うことになります。

両替する場所ですが、

マレーシア国内での銀行、ホテル、空港の他、

ショッピングモールや観光地にも両替所が多くあります。


ただホテルや空港の両替所はレートが悪く、あまりオススメはできません。

まぁこれはマレーシアに限ったことではありませんが・・・



2.為替レート


2013年11月時点での為替レートです。

1 RM(リンギット) = 31 円 前後といったところです。


マレーシアは非常に物価が安く、

老後のセカンドライフとして注目されています。

これは「年金で十分に暮らしていける」という理由が多いようです。

しかし物価の差は物によって大きく異なり、

中には日本とあまり変わらないものもありますので、

旅行の際には何が安くて何が高いのか?

それを知っておくと賢くお買い物ができます。



マレーシアのカジノの年齢制限

ポイント

マレーシアのカジノには年齢制限が設けられています。

マレーシアで唯一の政府公認カジノ

「ゲンティンカジノ」へは21歳未満の未成年者は入場できません。

21歳以上の方に限られています。

入店する際にはパスポートの提示が必要になりますので注意してください。


この年齢制限でいくと、

マレーシアのカジノへは小さなお子さんも入場することはできません!

カジノへ遊ばないとしてもダメということになります。


家族でマレーシアに遊びに来た場合、

ある程度大きなお子さんなら、

ゲンティンハイランドのテーマパークで楽しむことができますが、

問題は小さなお子さんの場合です。


ゲンティンカジノでは託児所などの施設は用意されていません。

シンガポールやマカオのカジノであれば、

託児所が用意されており、

お父さん、お母さんが満足にカジノを楽しめるようになっていますが、

この点においてはゲンティンカジノは若干遅れているようです。


この場合、昼間はお子さんとテーマパークなどで存分に遊び、

大人の遊びはお子さんが寝た後の夜に楽しむようにしましょう!!





マレーシアのカジノでの服装【ドレスコード】

カジノに入場する場合、多くのカジノで

ドレスコード【服装規定】というものを設けています。

ですのでどんな格好でも入れるわけではありません。

基本的には正装していくか、

もしくはそれに近い服装で入場するようになっています。

カジノによってドレスコード【服装規定】に違いがありますが、

ヨーロッパやラスベガスは割と厳しい規定を設けています。

それに対してマレーシアのカジノでは

それほど厳しいドレスコード【服装規定】を設けてはいません。


■ゲンティンカジノでは以下の服装に注意しましょう!


・襟付きシャツ
・長ズボン
・靴の着用

これが守られていれば、多少カジュアルでも入場拒否されることはないでしょう。

逆に入場拒否される服装として

・Tシャツ
・半ズボン
・サンダル

間違ってもこれらの服装では行かないようにしましょう。



■ドレスコードよりも注意すべきは高原の気候!


マレーシアのゲンティンハイランドは標高1,700mにありますので、

クアラルンプール(26℃~27℃)に比べると、

気温が14℃~25℃とかなり涼しく感じるでしょう。

その上、カジノ内だとかなり冷房が効いていますので、

上着を持っていかれたほうがいいかもしれません。


マレーシアにカジノ旅行に行って、

寒くて風邪をひいたなんてシャレにもなりませんからね ^ ^

【2020年9月版】オンラインカジノ中級者以上の方はこちらもチェック!

オンラインカジノは2009年から運営が始まり、すでに10年以上の業界実績があるオンラインカジノ。
特にヨーロッパ、東南アジアで知名度が高く口座総開設数は150万口座以上。
新規口座ボーナスは無いが優れた入金ボーナス、キャッシュバックプログラムが他の業者と比較してダントツ。
今後オンラインカジノを超える可能性大!無料でできるのに賞金がでるデモトレード大会も開催中なので要チェック!

\100%入金ボーナス実施中/

オンラインカジノで2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興オンラインカジノ業者!
口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
これから話題になること間違いなし!

\新規口座開設で5000円ボーナスがもらえる/