ブラックジャック 基本用語

ブラックジャック 基本用語

ブラックジャック 基本用語の解説

ルールや遊び方には基本用語を交えて

解説していますのでこちらで用語を理解した上で

ルールや遊び方を読まれることをオススメします。


1.ベット(BET)


チップを賭けることをいいます。

ブラックジャックの所定のテーブル位置に

賭けたいチップを積みます。



2.ディール(DEAL)


ディーラーがカードを配ることをいいます。

全てのプレイヤーのベットが終わると

ディーラーからカードが配られます。



3.ヒット(HIT)


さらにカードをもう1枚引くことをいいます。

ヒットと宣言すればディーラーがカードを配ります。



4.スタンド(STAND)


それ以上カードを引かないことをいいます。

もし自分のカード合計が20なら

もうこれ以上カードを引けば、21を超える可能性が

非常に高いので、この場合はスタンドします。



5.スプリット(SPRIT)


配られた2枚のカードが同じ数の場合、

これらを別々の手として2つに分けて、

賭けることができます。

ただし最初の賭け金と同額の賭け金を

追加することになります。

最初に配られたカードが、2枚の「3」の場合。

最初に$5ベットしているのであれば、

$5を追加することでスプリットが成立します。



6.ダブルダウン(DOUBLE DOWN)


次のカードを引いて勝てると確信した場合に、

カードをあと1枚しか引かなことを宣言して

賭け金を倍(通常2倍)にして

カードを引くことをいいます。

例えば「4」と「7」組み合わせであったとしましょう。、

他のプレイヤーにどれだけのカードが使われているか?

それらの確率も考慮に入れる必要がありますが、

最初に配られたカードの合計が「11」であれば、

次にヒットしたときにバーストすることは

絶対にあり得ません!!

また、絵札や10が出る確率も高いので、

このようなケースにおいては「ダブルダウン」を宣言し、

倍の賭け金を払って、

2倍の利益を取りに行くことが出来ます。


7.インシュアランス(INSURANCE)


ディーラーのブラックジャックに保険を賭けることをいいます。

ディーラーの表向きに配られたカードがエースのとき、

最初に賭けたチップの半額を追加すれば、

インシュランス(保険)をかけることができます。

ディーラーが「ブラックジャック」ではないかと思う場合には、

インシュランスをかけていれば、

保険金が2対1で支払われます。

ディーラーが「ブラックジャック」でないときは、

保険金のみ没収されます。

ディーラーにエースが出るたびに賭けるかどうか聞かれます。


8.ブラックジャック(BLACK JACK)


ゲームの名称でもある「ブラックジャック」は、

厳密に言うと、最初の2枚のカードで

21点を獲得した場合を指します。

(別名「ナチュラル21」)


9.バースト(BURST)


数字が21を超えるカード(22以上)をいいます。

この場合は、ディーラー側のカードに関係なく、

こちらの「負け」となります。


10.プッシュ(PUSH)


プレイヤーとディーラーの手が同じ数の場合、

プッシュ(引き分け)となります。



11.サレンダー(SURRENDER)


サレンダーは賭け金を半分支払って

FOLD(降りる)ことをいいます。

この選択肢は最初のカードが配られた後にしかできません。

3番目のカードを引いたり、スプリットやダブルダウン選択後は

サレンダーを宣言することはできません。

サレンダーにはアーリーサレンダーとレイトサレンダーがあり、

これらはディーラーのブラックジャックの扱い方で内容が異なります。


アーリーサレンダーでは

ディーラーが自分の手がブラックジャックかをチェックする前に

サレンダーを選択することができ、

ディーラーがブラックジャックだったとしても

賭け金の半分で逃れることができるプレイヤーに有利なルールです。

しかし、このタイプのサレンダー(アーリーサレンダー)を

設けているカジノはあまり多くありません。

一方、レイトサレンダーの方はディーラーが先に

自分の手がブラックジャックであるかをチェックし、

ブラックジャックでない場合にのみ

プレイヤーがサレンダーを選択できるルールです。

サレンダーは上手く使えば有効な手と言えますが、

実際にはあまり活用されていないのが現状です。




ブラックジャックで必要な用語、

ルールは基本的にこれだけです。

いかに、21に以下にカードを近づけることが出来るのか?

という基本的なルールのもと、

それに付随するルールがあるだけです。

そして、このようにシンプルなルールだからこそ、

基本的な「攻略法」なるものも存在します。


>>ブラックジャックの攻略法「ベーシックストラテジー」


このベーシックストラテジーをマスターすれば、

あなたもブラックジャックで100%以上の還元率を

叩き出すことができるかもしれません!

ブラックジャックのルール、遊び方

ブラックジャックの対戦というのは、

プレイヤー同士の対戦というものではなく、

プレイヤーはディーラー(親、胴元、ハウス)と、

1 対1 の勝負を行います。

プレイヤーが何人かいる場合は、

複数のプレイヤー対ディーラーという図式に

なります。


1.ルール

各プレイヤーは21を超えないように

手持ちカードの合計を21に近づけていきます。

ここで21を超えてしまうとバーストになり、

その時点で負けとなります。

なので21を超えないように

カードの合計がディーラーより大きければ

プレイヤーの勝ちとなります。



2.カードの合計の仕方、(数え方)

カードの合計の仕方(数え方)ですが、

カード2~10は数字そのままの合計になります。

絵札のK(キング)、Q(クイーン)、J(ジャック)は

10として数えます。

A(エース)の数え方ですが、

A(エース)は特殊で2種類の数え方があります。

手持ちのカードの合計が21を超えない範囲では11と数え、

超える場合は1として数えます。


なお、Aを11と数えても

21を超えない手持ちカードの組み合わせのことを、

「ソフトハンド」と呼び、

Aを1として数えるか、

もしくはAを含まない状態を「ハードハンド」と呼びます。


3.遊び方


各プレイヤーはカードが配られる前に

初めの賭けを行います。

blackjackbet

ディーラーはカードを自分自身も含めた参加者全員に2枚ずつ配り、

ディーラーの2枚のカードのうちの1枚は

表向き、もう一枚は裏向きにしておきます。

ディーラーの1枚が見えていますので、

そこから相手のカードランクを予想することになります。

blackjackbet2


プレイヤーのカードはカジノによって

フェイスアップ(表向き)の場合と

フェイスダウン(裏向き)の場合がありますが、

現在主流になっている6デッキ以上を利用するルールにおいては

フェイスアップで配られることが普通となっています。


この時点でプレイヤーが21(絵札とAの組み合わせ)

であれば「ブラックジャック」と呼ばれ、

ディーラーが21でなかった場合には、

掛け金の2.5倍の配当になります。

プレイヤーもディーラーもブラックジャックの場合には

引き分け(プッシュ)となります。

プレイヤーが21ではなくディーラーがブラックジャックの場合は、

自動的にプレイヤーの負けとなります。


ブラックジャックでなかった場合、

カードの合計を21に近づけるため、

合計が21を超えるまではプレイヤーの好きなだけ

もう1枚カードを引くこと(ヒット)ができます。

blackjackbet2

合計が21を超えるとその時点で負け(バースト)となり、

賭けたチップはディーラーに没収されることになります。

なのである程度21に近づけば

それ以上もうカードを引かない(スタンド)ことを

選択できます。

blackjackbet3


4.ディーラーのカードの仕組み


ディーラーのカードは

数の合計数が16以下の場合は、

ヒット(カードを引く)し続けます。

また、17以上になったら、

スタンド(カードをそれ以上引かないこと)します。

これらはディーラーの意思とは関係なく、

そうすることになっており、

ディーラーにはプレイヤーのカードを判断して

勝負をすることはできないようになっています。


もし16だったとしてもディーラーはヒットしなければいけない!

バーストしない場合のカードはA、2、3、4、5の5枚だけ!

6以上を引けばバーストしてしまいます。

逆に17だったらスタンドしなければいけない!

プレイヤーが例え20であったとしてもです。

この時点でプレイヤーの勝ちが決定します。

カジノゲームの中でブラックジャックが勝てる確率が

高い理由がここにあります。

戦略を立て、コツコツ稼ぐことが性に合っている方は

ブラックジャックがオススメですよ ^ ^

5.大きく狙う場合の賭け方


①スプリット(SPRIT)

配られた2枚のカードが同じ数の場合、

これらを別々の手として2つに分けて、

賭けることができます。

ただし最初の賭け金と同額の賭け金を

追加することになります。

最初に配られたカードが、2枚の「3」の場合。

最初に$5ベットしているのであれば、

$5を追加することでスプリットが成立します。



②ダブルダウン(DOUBLE DOWN)

次のカードを引いて勝てると確信した場合に、

カードをあと1枚しか引かなことを宣言して

賭け金を倍(通常2倍)にして

カードを引くことをいいます。

例えば「4」と「7」組み合わせであったとしましょう。、

他のプレイヤーにどれだけのカードが使われているか?

それらの確率も考慮に入れる必要がありますが、

最初に配られたカードの合計が「11」であれば、

次にヒットしたときにバーストすることは

絶対にあり得ません!!

また、絵札や10が出る確率も高いので、

このようなケースにおいては「ダブルダウン」を宣言し、

倍の賭け金を払って、

2倍の利益を取りに行くことが出来ます。




ブラックジャックのルール、遊び方は

こちらの動画でも解説していますので、

参考にご覧ください。



またブラックジャックの用語がちょっとわからない!

という方にはこちらで用語を解説していますので、

併せてご覧ください。

>>ブラックジャック 基本用語解説


試しにブラックジャックをプレイしてみたくなった!

というあなたはオンラインカジノの無料プレイで

遊んでみるのもいいですよ。

もちろんオンラインカジノですので、

実際にお金を賭けて遊ぶことだってできます。

詳細はこちらからどうぞ!



ブラックジャックとは

ブラックジャックとは、カードゲームの一種で、

こちらもカジノでは定番のカードゲームです。


基本的にディーラーとの対戦型のカードゲームで、


手持ちのカード合計が21以下(21が一番強い)で、

21に近い方が勝ちというとてもわかりやすいゲームです。


ブラックジャックの歴史は、

16世紀後半、ヨーロッパの家庭用ゲームから

発展したゲームと言われています。

スペードのAまたはJが出ると

特別ボーナスがもらえるルールがあったことから、

「ブラックジャック」と呼ぶようになり、

ゲーム名にもなりました。


その後「ブラックジャック」の定義は

「スペードのAとJ」からスペード限らず、

「Aと10、J、Q、K」の2枚の組み合わせになりました。


ブラックジャックはヨーロッパから生まれたゲームになりますが、

19世紀後半にはアメリカでも楽しまれるようになり、

1960年代にブラックジャック必勝法が広まったことにより

爆発的な人気カードゲームとなっていきました。


カジノでブラックジャックが人気の理由は、

ゲームの単純さと駆け引きの面白さもありますが、

何と言ってもカジノでペイアウト率が100%を超え、

うまく立ち回れば稼げる確率が非常に高いゲームであること!!


その理由はブラックジャックのルール、遊び方の解説を見てください!


>>ブラックジャックのルール、遊び方







【2020年9月版】オンラインカジノ中級者以上の方はこちらもチェック!

オンラインカジノは2009年から運営が始まり、すでに10年以上の業界実績があるオンラインカジノ。
特にヨーロッパ、東南アジアで知名度が高く口座総開設数は150万口座以上。
新規口座ボーナスは無いが優れた入金ボーナス、キャッシュバックプログラムが他の業者と比較してダントツ。
今後オンラインカジノを超える可能性大!無料でできるのに賞金がでるデモトレード大会も開催中なので要チェック!

\100%入金ボーナス実施中/

オンラインカジノで2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興オンラインカジノ業者!
口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
これから話題になること間違いなし!

\新規口座開設で5000円ボーナスがもらえる/